手紙について
6月7日 金曜日

こんにちは。
ふじた歯科 まおです。

今日は手紙についてお話します。
21年間生きてきた中で、人並みに手紙をもらい、渡してきました。
今までそんな手紙たちに対して、深く考えたりすることはあまりありませんでしたが、最近になって手紙の良さに気付かされました。
小さいころは父や母に宛てて、「だいすき」など覚えたての汚い字で手紙をよく書いていました。
小学校では、2、3回転校したことがあり、転校する前に通っていた仲の良い友達と初めての文通をしました。
中学、高校では、授業中などにこっそり手紙を書き、友達と交換して、また手紙を書いて…と、たくさん手紙を書きました。
どれも、「昨日のテレビが…」や、「あの人かっこいいよねー」などどうでもいい話ばかりでしたが、いまだにすごく思い出に残っていて、大切にとってある手紙がいくつかあります。
・幼稚園のときにはじめて告白した近所の男の子からもらったラブレターの返事、
・中学生のときに告白した人からもらった返事の手紙、
・両親と喧嘩して家を飛び出したときに家に戻ると置いてあった父からの手紙、
・姉がバイトで初めて自分で稼いだお金でわたしにお年玉をくれたときの手紙  など…。
学生時代にバイトしていたお店の後輩から、最近手紙をもらいました。
メールで済むのに、わざわざ知り合いに頼んでわたしの家のポストに届けてくれました。
中身もすごく嬉しいものでしたが、わざわざ私のために筆をとってくれ、さらに家にまで届けてくれたということにさらに嬉しくなりました。
それから“手書きの良さ”、“嬉しさ”を改めて実感し、朝、お弁当のよこにそっと置いてある、ペットの似顔絵と「今日も頑張って」と書かれた母からの手紙や、大切な人からもらったあたたかい手紙など、とても大切なものに思え、いまお財布の中にしまって常に持ち歩いています。
大人になり、便利な時代になった現代だからこそ、筆をとり、気持ちの伝わるあたたかい手紙というものをこれからたくさん書いていきたいと思いました。







長崎諫早    ふじた歯科  ようこ
スポンサーサイト
[2013/06/07 09:03] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<私のおば | ホーム | 私の趣味・・・海外旅行で学ぶこと♪>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://22124129fujita.blog.fc2.com/tb.php/66-8879c938
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
活力朝礼3分間スピーチ


プロフィール

ふじた歯科スタッフ

Author:ふじた歯科スタッフ


FC2 Blog Ranking

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR