4年間のアルバイトで学んだこと☆
こんにちは 受付のよう子です!

今日は、私が4年間頑張ったアルバイトについてお話します。
私は大学1年~4年生までの4年間、諫早駅にあるミスタードーナツでアルバイトをしていました。
お正月だけは長崎の諏訪神社で巫女さんをしていましたが、長期で続けたアルバイトはミスタードーナツだけでした。
アルバイトでは、多くの経験、出会いがあり、またバイトして貯めたお金で友達と年に1,2回海外旅行に行くのがとっても楽しみでした♪
ご存知だとは思いますが、ミスタードーナツはダスキンが本社で全国チェーンのドーナツショップです。そのため、接客対応やドーナツ製造、衛生面に非常に厳しく事細かなマニュアルがあり、年に数回、本社の方が来られて抜き打ちテストがあったり、監視カメラがスタッフに向けてついており、接客態度が常に本社でチェックされているぐらい厳しかったです。
私がアルバイトしていたころは、約20名近くのスタッフがおり、社員の方、主婦の方、学生と年齢もばらばらでした。仕事内容は、ただレジをするだけでなく、今日はドーナツをどれぐらい作って、どれぐらい売れたのか管理したり、販促キャンペーンに向け対策を考えたり、多くの仕事が任せられていました。学校が終わるとすぐにバイトに行き、バイトが終わって家に着くのは夜の11:30頃、それから大学の予習と復習や宿題をして、朝7時発のJRで大学にいくという生活でした。
しかし、人間関係がとてもよく、アルバイトに行くことが楽しみでなりませんでした。
また、私は大学で英語とドイツ語を勉強していましたが、たまたま他大学の同級生で同じ英語科に行っている子がとても集まっていたため、バイト終わりにみんなで朝方まで勉強会をすることも多々ありました。

諫早駅にある店舗ということもあり、JR出発前になると、大量のドーナツを持ってレジにくるなり「電車があと3分で出発するから、とにかく急げ!!」と言われることも、たびたびでした。
始めたばかりのころは、心臓がバクバク言い、そんな時に限ってドーナツを詰める際にコロンと落としてしまうこともありました。
しかし、勤めるうちに、どのようにすれば無駄のないように動けるのか?この時間にはどんな客層がくるから、何を補充してスタンバイしとけばよいのかという感覚を体が覚えてきて、最後は自分の中でリズムをとりながら仕事をしていました。
4年も勤めると、常連のお客さまも私のことを覚えてくださり、「江口さん!」と名前を呼び話かけてくださったり、差し入れを持ってきてくださる方もいらっしゃいました。
お客様が店舗に入ってくると「いらっしゃいませ こんにちは」と大きな声で挨拶をしたり、
年末は1人ずつ交代で駅前でドーナツとクーポン券が入った福箱を売ったり、外で試食を配ったり、
今となっては、なかなかできないような経験をさせていただきました。
4年間の中で、店長という自分の上司と話すときの話し方や、年齢に応じた異なる接客対応、店舗経営について勉強したり、またお金を稼ぐことがいかに大変かということを思い知ったり、社会人になる前に社会という組織を勉強できたことが本当に良かったと思います。
あの時感じたことや、あの時学んだこと、あの時できた新しい価値観をこれからも大切にして、
仕事・プライベート共に活かして生きたいと思いました。

ブログランキングにさんかしています
ポチッとお願いします☆


スポンサーサイト
[2013/05/16 14:50] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<私の父 | ホーム | 常連のお店です!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://22124129fujita.blog.fc2.com/tb.php/52-19394aa2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
活力朝礼3分間スピーチ


プロフィール

ふじた歯科スタッフ

Author:ふじた歯科スタッフ


FC2 Blog Ranking

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR