訪問診療のおもしろさ
こんにちは(*^_^*)

長崎県 諫早市 ふじた歯科 吉田です


訪問診療へ行き始めて2年ほどが過ぎたと思います。

はじめは患者さんも1人2人で、お昼休みの時間を使って往診へ行っていました。

口腔ケアのやり方など、学生時代に習った程度で知識がかなり少なく、
訪問診療の仕組みや介護を必要とする方への介助のやり方も分からず毎回の往診が手探り状態だったことを思い出します。

月日が経ち、今では施設だけでなく居宅にも伺わせていただりと患者さんも増え、往診も診療時間を2日分使って行うようになりました。

だいぶ口腔ケア、患者さんへの対応も慣れてきましたが、まだまだ知識、技術が足りないこともたくさんあります。

訪問診療は、名前の通り私達が患者さんの住まいへ出向いて治療を行うことです。
院内であればたくさんの器具が全て揃っていますが、1度外へ出れば準備している器具しかありません。
その為、毎回とてもたくさんの荷物を持ち、あれを出し忘れてた!という忘れ物は許されません。

診療する体勢も、基本的には座位です。
しっかりと座位を保てる方であればまだ良いですが、
麻痺等があり前傾してしまう方、片側に傾いてしまう方などさまざまで、視野も狭ければ照明もほとんど無く、そして屈んだり中腰での作業など、大変なことがたくさんあります。

ですが、院内では見ること、経験できないことが往診ではたくさん経験できます。

毎回戦争時代の話をされる方、開業何年目なの?と1回の往診で5、6回は聞かれる方、奥様とすごく中睦まじい方、すごい生活環境のなかで生活されている方など、
患者さんの口腔内だけでなくさまざまな生活背景も一緒に知ることができるのはいいことですし、それが楽しくもあります。

また、どんなに認知症がひどく口腔ケア中に暴言を吐いたり嫌がっていても、「ありがとう」と最後には言ってくれ、そういった所にもやりがいを感じます。

これからも、少しでも患者さんのQOL向上に役立てるよう、知識、技術を身につけ、より患者さんに寄りそうことができる歯科衛生士を目指したいと思います。
スポンサーサイト
[2016/10/20 08:37] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<対応 | ホーム | アトムとピース>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://22124129fujita.blog.fc2.com/tb.php/405-311fb317
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
活力朝礼3分間スピーチ


プロフィール

ふじた歯科スタッフ

Author:ふじた歯科スタッフ


FC2 Blog Ranking

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR