動機づけの大切さ
こんにちは!長崎県 諫早市 ふじた歯科 りつこです(^-^)/


先日携帯を見ていた時、あるトピックに目が止まりました。
テレビなどでよくお見かけするHさんが『歯』についてとても詳しいとの話題です。
歯について何を語られているのだろうと興味を持ち、早速読んでみました。


その中で、『歯を大事にしている話』というタイトルでブログに書かれていた記事を読んでみたいと思います。



歯のトークが好きだ。

以前は歯医者が嫌いだったのだが、最近はネタにするくらいにはなってきた。



子供のころ、乳歯の時代の歯医者はあんまり覚えていないが、中学生になって初めて虫歯で歯医者を訪れた。問答無用に水銀アマルガムをつめられた。まあいわゆる銀歯ってやつね。



今は歯を削らないで温存したりする治療法もあるらしいけど、そんなのは当時はない。問答無用で削るだけだ。



前歯が一つ虫歯になっていたが、神経を抜いてもらい、痛くなくなったのでいかなくなった。それから、数年。大学生のときに再び痛み出した。そのときも、なんか内部をぐりぐりやって、薬をつめてもらったら、痛くなくなったので、いかなくなった。それから、さらに2,3年したら、また痛くなった。



今度の先生は厳しく、歯磨きのやり方を一から指導され、できるようになるまで治療しないといわれた。必死に学習した。前歯は歯根のう胞という病気になっており、大手術の後、土台をかろうじてのこしてもらった。

その後虫歯を一年くらいかけて治療し、デンタルフロスのやり方を教えてもらった。



その歯は数年後に折れた。



ブリッジにしろといわれたが、隣の歯を削るのがいやだったので、インプラントにすることにした。



一年半かかった。



その後親知らずが虫歯になった。ぼろぼろだったので、抜いてもらうことにした。

その歯医者で、歯周病の怖さについて、さんざんレクチャーされた。


それよりも歯周病が怖いと。多くの人は気づいていないが、歯と歯の間が空いていないのは、歯肉が腫れているからなんだそうだ。歯間ブラシを薦められた。ぐりぐりやると、最初は血が出たが、徐々に隙間が広がってきて磨きやすくなった。



歯周病が進行すると、歯が抜けて入れ歯になるそうだ。昔の人に入れ歯が多いのは歯周病のケアが不十分だからだそうだ。



さらに怖い話を聞いた。最近は歯周病ケアが進んできて、60代になっても歯が比較的のこるようになってきた。そうすると、いきなり奥歯から、割れるのだそうだ。割れる?



若いころは、左右の尖っている犬歯が奥歯をかみ合わせないようにしているが、だんだん磨り減ってきて、奥歯と奥歯が直接あたるようになる。そうすると寝ている間に歯軋りをするようになるらしい。直接歯と歯があたるとすごい加重で、歯に少しずつひびがはいるそうだ。そして、耐え切れなくなると・・・・パリっと割れてしまうんだそう。


寝るときにつけるマウスピースもつくってもらうことになった。



このままいけば、ずっと自分の歯で生活できるかな?


と、かなり長いブログで、これでも何ヶ所か省略したのですが、正に先週のミーティングでも話に出た、歯の一生をそのまま体験されたような内容でした。
ブログ以外にもツイッターやyoutubeで『歯』についての話を沢山されているようです。

元々は綺麗な女医さんに診てもらったのがきっかけらしいですが、きっかけはどうであれHさんの『歯』に対する意識を変えた成功例だと思います。


最近はテレビの画面よりもスマートフォンの画面を見る時間が長くなりつつあると言われています。
中には真実とは違う話題も少なくありませんので、これからも『歯』についての話題を逃さないよう、またHさんの歯に対する意識を変えたように私達も患者さまに正しい情報提示、相談、ベストな治療計画の提供をし、患者さまのQOL向上のために貢献していきたいと思います。



長崎県 諫早市 ふじた歯科
スポンサーサイト
[2016/09/29 13:25] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<最近見つけた本について | ホーム | 私の好きなアーティスト>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://22124129fujita.blog.fc2.com/tb.php/398-48169f04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
活力朝礼3分間スピーチ


プロフィール

ふじた歯科スタッフ

Author:ふじた歯科スタッフ


FC2 Blog Ranking

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR