納豆は夜食べた方がいい?!


こんにちは(^_-)-☆

長崎県 諫早市 ふじた歯科 吉田です(^^)/

今日は、たくさんの栄養素が含まれている納豆についてお話しします。

納豆には「ナットウキナーゼ」と呼ばれる酵素が含まれています。これは納豆の粘り気部分に含まれている酵素で、納豆菌が大豆を発酵させる過程で生成される栄養素。ナットウキナーゼの大きな役割と言えば血栓の予防です。

また、納豆は食物繊維やカリウム等の栄養素も含まれています。

食物繊維は便秘解消、カリウムはむくみ解消に効果的に働くため、ダイエットにも良い効果をもたらすでしょう。また、老廃物の排出がスムーズになるということで美肌効果も期待できます。


みなさんは、納豆といえば朝食べるイメージではないですか?

人間のからだの仕組みからすると実は夜に食べたほうが効果的なのだそうです!!

ナットウキナーゼは血栓予防に非常に効果がある栄養素。血栓を予防するということは、血液の凝固を防ぎサラサラの状態をキープしてくれるということ。ナットウキナーゼの血液サラサラ効果は、およそ8時間持続するといわれています。

就寝中は筋肉が動かず、血液が固まりやすい状況にあるため、夕食で納豆を食べておくと、就寝中に効果を発揮してくれます。

成長ホルモンの分泌は寝ている間の特に22時~2時までが一番盛んになると言われています。ですから、納豆は、ぜひ夜食べて頂きたい食べ物です!

1日1個を食べ続けてみましょう。よく混ぜて粘りを出すこと、加熱をしないことがポイントです!

玉ねぎやラッキョウなど、同じく血液をサラサラにする効果の高いものと一緒に食べることで相乗効果を期待できます。また、疲労回復効果があるビタミンB1を豊富に含む食材も◎。ショウガや鶏肉、豚肉などとともに食べることで、効率良く疲れを除去することができるそうです。

みなさんも、栄養素たっぷりの納豆を食べて、暑い夏も乗り切りましょう!(^^)/

スポンサーサイト
[2014/07/14 09:19] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<熱中症 | ホーム | 過去と他人は変えられない>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://22124129fujita.blog.fc2.com/tb.php/210-e63c16f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
活力朝礼3分間スピーチ


プロフィール

ふじた歯科スタッフ

Author:ふじた歯科スタッフ


FC2 Blog Ranking

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR