正しいダイエット
この職場は女性が多いのでダイエットに興味がある方も多いのではないでしょうか。
私もこれまで何度かダイエットに取り組み、何度も失敗しました。これまで2回ほどダイエットに成功したのですが1度目は30代後半の時に82キロから70キロまで12キロの減体重に、2回目は40代後半に同じく84キロから72キロまで12キロの減量になりました。ともに1年くらいでリバウンドしたのですが今となっては間違ったダイエット方法だったと思っています。

何故なら、主に食事による減量だったので、筋肉量の低下を引き起こしていたと思います。

筋肉は体重の半分を占める最大の器官です。実は人間の食事による摂取カロリーの7割近くは炭水化物からとります。その炭水化物はブドウ糖そのもので、血の中のブドウ糖が多くなると糖尿病などが発生することとなります。またカロリーオーバーは体重を増やすことになります。

そのブドウ糖の約80%は実は筋肉に取り込まれます。筋肉が無いとカロリー消費ができない事を知らないでダイエットをしている人が多いのです。
ですから、ダイエットの回数が増えるにつれ、筋肉量が減り、いくらダイエットしてもその効果が無くなると言った悪循環に陥っていきます。つまり太りやすい体になるということです。

人間は加齢によって(年をとることによって)自然と筋肉量が減っていきます。高齢者になって転倒骨折の問題が取り上げられていますが、それは大腰筋と言う腰のの周りにある筋肉が一番転倒防止に関わっているのですが、何故問題なのかというと、転倒して大たい骨近位骨折を起こすとほぼ寝たきりになるし、5年生存率が10%近くになるというデータが出ているからです。

大腰筋の筋肉減少は50台になるとピークから30%減、60代になると40%減、70代になると50%減となります。つまり年をとると誰でも否が応でも筋肉が落ちるのですが、食事によるダイエットの恐ろしさは、それを倍増させるのです。
詳しく言うと、3ヶ月間の食事による減量で減少する筋肉の量は3.5%。これは、通常の加齢により低下する5年の筋肉の量に相当します。
これを防ぐためには筋トレが必要です。食事制限だけではだめ、食事制限とウォーキングでもダメ、食事制限とウォーキングと筋トレで初めて正しいダイエットとなります。
正しいダイエットを心がけましょう。



長崎県諫早市   ふじた歯科     院長藤田浩一
スポンサーサイト
[2014/06/11 09:23] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<お風呂につかりましょう | ホーム | タイトルなし>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://22124129fujita.blog.fc2.com/tb.php/201-c7e41426
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
活力朝礼3分間スピーチ


プロフィール

ふじた歯科スタッフ

Author:ふじた歯科スタッフ


FC2 Blog Ranking

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR