2月15日
こんにちは ふじた歯科 院長です。
今日は、感謝していることの話として、私の母親の話をします。
母親は、現在78歳で、正直大分年老いてきました。それもここ数年で特に感じるようになりました。
2年前の梅雨の時期、足を滑られてしりもちをついて腰椎骨折をしましたが、すべってしりもちをつくだけで骨折するのですよ。
その時、入院した母を見舞いに行くと、それまであまりまじまじと見ていなかったのですが、顔も、手もしわが目立っているのですね。年老いてきたことがはっきりわかりました。また、同じ話を繰り返すようになったことも気にかかりました。幸い、1か月くらいで退院したのですが、その年の11月に祖母が107歳で亡くなってから、より一層ふさぎ込んでしまいました。
精神的なものと年齢からくるのか、少し異変に目立ってきました。また、のどのつかえがあるとも話したので、西諫早病院でPET-CTで精密検査をしてもらったのです。
結果として、実はラクナ梗塞と言って、脳梗塞の一種を起こしていたことが分かりました。
そのため、記憶の一部が飛んでいるのと、嚥下運動の一部がうまくいかないのです。
一歩間違えば、半身不随だったので、運がよかったというしかありません。
原因が分かったので、こちらとしても対応しやすくなったし、より健康で長生きしてほしいと思うようになりました。
私は、16歳の時に父親を、20歳の時に祖父を亡くしたので、それ以来母が私たち3人(姉と妹)を育ててくれました。今、自分も2人の子供を育てていますが、どれだけ大変な思いをして、子育てをしてくれたかわかります。
実は私は高校を卒業してから1年間、農業をしました。農家の長男として父親のいない家庭を支えるのは当然といえば当然ですが、それこそ自分が望んでいない仕事で頑張ることがどれほどむなしくてつらいかを知りました。いろいろな葛藤があったのですが、結果として、母親にお願いして大学に行かせてもらったのですが、その時の母親の決断が無ければ今の僕はありません。
これからあとどれだけ、母親に親孝行できるかわかりませんが、なるべくいい人生だったと思ってもらえるようにしたいと思います。皆さんも、普段接しているとなかなかわかりませんが、みなさんの一番の理解者であること。そして一番の味方は両親ということは間違いないので、どうぞ大事にしてやってください。


ブログランキングに参加しています
チッとお願いします☆



長崎県 諫早市 多良見町 ふじた歯科      院長
スポンサーサイト
[2013/02/15 21:12] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<タイトルなし | ホーム | 友達の結婚式>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://22124129fujita.blog.fc2.com/tb.php/19-f177bfc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
活力朝礼3分間スピーチ


プロフィール

ふじた歯科スタッフ

Author:ふじた歯科スタッフ


FC2 Blog Ranking

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR