子どもは癒し
こんにちは ふじた歯科 ちかこです。

今日は私の家族について話します。
私は父、母、姉の四人家族です。
今から3年ほど前に私の姉が結婚し今は諫早に住んでいます。
そして姉家族には子供が一人います。
子供は女の子で、今、一歳半になります。
私の両親も初孫ということもあり、生まれた時もそうですが、現在も少しずつ成長していく孫がすごく楽しみでかわいいみたいです。

だから姉家族が実家に来たときには家の中もいつもに増し明るくなります。

姉の家が諫早ということもあり、私は仕事帰りにご飯を食べによったり、休日は買い物に付き合ったりと結構ちょこちょこ会っています。

子供はとてもかわいく、一緒にいるとすごーく癒されます。

けど、そんないいとこばかりではありません。少しの時間だけなら子供って可愛くていいなーと思うことが多いのですが、長く一緒にいると、子供って大変だなというとこもいろんな面ですごくみえてきます。

買い物に一つにしても、ベビーカーに乗せていればエスカレーターには乗れず常にエレベーターでの移動だし、お店の中を見回るにしても少し狭い場所だと通りたいけど、やっぱやめとこうとなります。ご飯屋さんも小さい子供連れで行きにくい場所というふうに何をするにも制限があり、それだけでも結構大変です。子供がいると楽しいことも多いでしょうが大変なことも多く今だから両親も私たちを育てるのがいかに大変だっただろうなと姉の姿を見ていて実感できます。
それと同時に両親には感謝しています。
ふじた歯科に来院される患者さんの中にも小さな子供さんを連れて来られる方がいますが、今日は治療おわるまでおりこうにしていてくれるかな、大丈夫かなという不安を毎回もって来院されてると思います。
そういう方でも安心してリラックスして治療を受けていただけるような対応をしていきたいと思いました。





ブログランキングに参加しています
ポチッとお願いします☆





長崎県諫早市    ふじた歯科     ちかこ
スポンサーサイト
[2013/03/25 20:57] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
アルバイトの思い出
3月12日
こんにちは、ふじた歯科しずかです。
今日は専門学生時代にしていたバイトでの出来事をお話ししたいと思います。
私は2年間お寿司屋さんでバイトをしていました。人と接することが好きだったのでホールスタッフとして働きました。
あの頃はすごく働くことが楽しくて、休みの日でもバイト先に行き、人手が足りなければ入ったり、全国チェーンのお店のため、新しくオープンする店があれば応援に福岡まで行ったこともありました。お金のために働くというよりも、誰かのために役に立ちたい、必要とされたいという気持ちが強かったと思います。
先ほどもお話ししたように全国チェーンのお店だったので、マニュアルがこと細かくありました。だんだんと仕事に慣れ初め、レジを担当していた時のこと。
マニュアル通りに言っていた言葉に一言、「いつもありがとうございます、伝票をお預かり致します」とよく見かけるお客様に添えてみました。すると、最初はびっくりされていたんですが、笑いながら「覚えてらっしゃったんですねー。」と少しですが会話をすることができました。
ただのスタッフとして働いているだけでは話すこともなかったであろうお客様。いつもありがとうございます、と言ったことで素っ気なく返されたらどうしようと言うか言うまいか悩んでいた自分が情けなかったです。
決まりごとは大切ですが、少し工夫をするだけで人に喜んでもらえたり、自分自身もいい気持ちになることができるということを考えさせられた出来事でした。


ブログランキングに参加しています
ポチッとお願いします☆




長崎県 諫早市 多良見町 ふじた歯科     しずか
[2013/03/12 20:39] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
趣味の釣り
3月6日
こんにちは。ふじた歯科あやかです。
今日は、私の趣味について発表したいと思います。以前の私は、これといった趣味がなく、予定がない休日は寝て起きて、ごろごろして・・・といった感じで体を動かさないので体がダルい。といった休日を過ごしてきました。
一時期は趣味をみつけよう!と趣味探しをしていました。しかしいくら趣味を探しても、なかなか自分にあった趣味がみつかりません。最近の悩みは何か?と聞かれると、趣味がないことと答える程悩んでいた時もありました。
そんな悩みを持っていた私が、最近ようやく自分に合った趣味が見つかりました。それは、魚釣りです。
魚釣りというと、魚がたくさん釣れて、晩御飯は魚料理♪というイメージをお持ちの方も多いと思います。しかし、1日中釣りをしていても、一匹も釣れないことだってあります。
よく、家の人に「魚が一匹も釣れないのに、釣りの何が楽しかと?」と聞かれます。
釣りをしている間、夕焼けをみたり、波の音を聞いたり、魚が勢いよく跳ねているのを見たり、船の音を聞いたり・・・釣りは、四季を感じられるものだと思います。
自然の中でゆっくりと過ごすのは、とても心が癒されるし、また明日から一週間がんばろう!と思えます。
患者さんの中でも、釣りをする人は沢山いるようです。患者さんとの会話の中で、「●●でよく魚の釣れるよ~」など釣り情報を聞くのが、私のひそかな楽しみです。
私の小さな夢なのですが、もう少し釣りに慣れて、道具もそろえたら1人でぷら~っと釣りに行きたいなぁと思っています。
まだまだ初心者で知識もほとんどありませんが、せっかく自分に合った趣味を見つけたので、これからも自分のペースで楽しみたいと思いました。


ブログランキングに参加しています
ポチッとお願いします☆



長崎県 諫早市 多良見町 ふじた歯科     あやか
[2013/03/06 20:53] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
3月5日
こんにちは。ふじた歯科院長です。
考え方について
皆さんは、同じことをするうえでも、考え方一つで方向が大きく異なることに気づいているでしょうか?
例えば、これはよく聞いたことがあるかもしれませんが、ある靴を販売する会社が二つありました。たとえばAという会社、Bという会社があったとします。それぞれの会社の営業マンはとある靴製造のメーカーで、アフリカのある地区で、学校へ子供たちが裸足で何キロも歩いて通学していた映像を見ませられ、この映像から販売企画を求められたそうです。
Aの会社の営業マンは、『みなが裸足で生活しているのに、靴なんか売れるはずはない。』他の地区への営業することを勧めました。>
Bの会社の営業マンは、『誰も靴を履いてない。ここはすどい市場になる。ビックプロジェクトをつくりましょう』
AとBの会社、どちらが正しいかはわかりません。
この問題は、どう考えるかなのです。どちらが、前向きでしょうか?
他にも、あります。ある企業の研修用DVDの中にこんな印象的なシーンがあるそうです。思い想像してください。
少年野球の試合が終わって、多分あまり結果が良くなかったのでしょう。おじいさんと女の子(孫)が夕暮れの中を夕日を浴びて歩いています。この中でも二つのシーンが展開していました。
最初のパターンはのおじいさんは、彼女に次のように語りかけます。
「やっぱりお前は女の子なんだから、無理なんだよ」女の子はうつむいたままです。これにおじいさんが続けます。
「お前は頑張ったって、アメリカ大統領にはなれないんだよ」というセリフでしめくくられています。もう一つのパターンは、全く同じシーンですよ。でも会話の内容が違っています。
おいじいさんは、次のように語りかけています。
「今日は失敗したけど、練習すれば次は絶対できるようになる」そして最後に「お前は頑張ればアメリカ大統領にだってなれるんだ」と孫の少女を励ましているのです。
この時、彼女は笑顔を取り戻していたそうです。
大人の意見に対し、子供は自分では判断ができない。だから「お前には無理だ」言われたら、素直にそう信じてしまい、自分の能力に否定的になり、自信を無くしていく。
つまり、今の皆さんの思考は育った環境で身に着けただけで、変えることは可能なのです。
育った環境によって自分の現在の考え方や習慣が身についただけなのだということを知ることが重要です。
自分の能力は実は驚くほど高いのではないのか?自分でそのハードルを低くしないことが大事です。
目標を達成させる、夢を実現させる、成功した人生を手に入れるためにはどうしたらよいのか?そのためには、
今の自分の考え方や習慣をチェックすること。そして、自分の人生の主導権を取る。『自立する』ことが非常に重要だと気付くことです。
自立ということは、『自分の考えで生きること。』です。
まずは、育った環境で身に着けてしまった考えや習慣の中から、現在の自分にとって良いものと良くないもの、役に立つものと役に立たないものを自分自身で仕分けする作業が必要です。
良い考えや性格は、より大きく伸ばしましょう。
良くないものは習慣を入れ替えて、本当に自分の望む考えや習慣に変えていき前向きに努力をしましょう。


ブログランキングに参加しています
ポチッとお願いします☆



長崎県 諫早市 多良見町 ふじた歯科     院長
[2013/03/05 20:47] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
3月4日 
こんにちは ふじた歯科 ちかこです。
今日は私の住んでいる森山町についての紹介をしたいと思います。
私の元々の地元は今住んでいる森山町の隣町である愛野町に住んでいました。
しかし私が小学三年生の頃、父の仕事の小屋があった森山に家を建てるということになり、森山に引っ越しました。
そんな森山には、たくさんのいいところがあります。
人口は6,000人弱と少ない方ですが、自然に囲まれたすごく良い町です。
全体的に道路が広く整備されており、桜の咲く4月は道路の両サイドに桜が咲きその並木道はすごくきれいで色んなとこから花見に来られています。
7月には蓮園の蓮祭りがあり実際にふじた歯科の患者さんでも知ってられる方もいらっしゃいました。
秋には寄欒音(よらんね)まつりがあります。今は寄欒音まつりというお祭りになりましたが、私が小学生くらいの頃は村おこしというお祭りがあっていました。寄欒音まつりは、町内外に関わらずみんな寄って来んね~、よらんね~という方言からついたお祭りです。町の小さなお祭りですが、色々な郷土芸能や催し物があり、そのお祭りの最後には秋の夜空に花火も上がります。去年は父は無料の包丁研ぎのブースに、母は躍りに参加しました。時間がある時は今でも私も行っています。
国道の57号線から入ると、図書館やスポーツ交流館があります。
図書館は平成9年、今から約16年前に完成したものですが、木造平屋建てということで全国一と有名な図書館でした。図書館内には展示室があり、いろんな絵画などの作品が飾られることもあります。
私は中学生の頃、友達と時々学校帰りに図書館に行っていました。その当時、館内で働いていた女性の方がしばらく前より、ふじた歯科に患者さんとして来院されており、私の事を覚えていてくださってたことに凄く驚き、また嬉しかったです。
図書館のすぐ横には柔道や剣道ができる武道館やスポーツ交流館という体育館があります。そこは体育館だけではなく、ジムや温水プールなどの設備も整っています。単に体を動かせ運動できるというだけでなく、小さな子供からお年寄りの方のリハビリ、機能回復の場として、いろんな方が交流することができるようになっています。
その他にもお米や唐比れんこんといった、食べた時に糸を引くれんこんは美味しいと有名です。
他にもまだまだいいところはあります。
森山町は田舎ではありますが、のどかで自然豊かな住みやすい町だと思います。そんな町での地域の方々との関わりをこれからも大切にしていきたいと思いました。


ブログランキングに参加しています
ポチッとお願いします☆



長崎県 諫早市 多良見町 ふじた歯科    ちかこ
[2013/03/04 20:54] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
私が住んでいる千々石町の人々
3月2日
ふじた歯科あいこです。
今日は私の地域の人々のお話をします。
私は雲仙市千々石町にすんでいます。その中でも私の家は小浜よりのところにあります。景色は一面山と畑です。小さな集落のような感じです。
住んでいる人は昔からこの土地にいる人ばかりです。
先日の日曜日、私の地域の行事で、“蓮如様”と言われる、浄土真宗の法事がありました。
これは、遠い遠い昔からこの地に伝わる行事らしいのですが、年に一度その地域の仏様がある家をローテーションして、その年の当番の家がみんなを招き、お坊さんをよんで法事をします。各家を毎年ローテーションするので、当番は数十年に一度です。今年は私の家でした。
これまで名前は知っていたけど参加したことがなかった蓮如様ですが、今年は必然的参加となりました。
まず早朝男の人たちが竹を切りに行き、私の家の座敷の入口にかざり、その枝にお餅やお菓子や短冊を沢山つけます。まるで七夕のようです。
私はおじちゃんたちに混じり、その手伝いをしました。飾り方をこうでもない、あーでもないと、言いながら「愛ちゃんは仕事よく頑張ってるねー!おじちゃんは愛ちゃんと飾り付けできて楽しか!」など、色んな話をしました。
地域でよく交流していた小学校時代と変わらず、おじちゃんたちは仲良くしてくれます。地域の人に育てられてきたのだなと実感しました。
その後、女はお昼の賄いの準備をし、昼にお坊さんがお経をよみ、その後お坊さんも交えてお昼ご飯を食べます。
地域のおじちゃんやおばちゃん、お坊さん、こんな風景はきっと田舎ならではだと思います。お坊さんにいい話も聞きました。
作法についても勉強しました。
このような地域の行事を大切にしたいと感じました。


ブログランキングに参加しています
ポチッとお願いします☆




長崎県 諫早市 多良見町 ふじた歯科    あいこ
[2013/03/02 20:55] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ミイちゃん
3月1日
こんにちは。ふじた歯科愛です。
今日は家で飼っているペットの話をします。
私の家には10歳になる猫がいます。オスですが名前はミイといいます。
ミイとの出会いは私が福岡の専門学校に通っていたときです。たまたま入ったペットショップで一目惚れでした。何度も店に通い、悩んだ結果家で飼うことになりました。
産まれて間もないミイはとても小さく、部屋の中でも見失ってしまうこともありました。
私が出かけるときには鳴きながら玄関までついてきて、帰ってくるとドアを開けると同時に走って出迎えていました。
今思えば産まれてすぐに母親と引き離されて、一人の時間が長くとても寂しい思いをさせていたと思います。
その後、私は学校を卒業し、就職したのですが朝は早くから出勤し帰ってくるのも遅く、さらにミイと過ごす時間が短くなってしまいました。
それを見かねた母が長崎の実家で飼わせてほしいと言ってくれました。
私の家族はみんな猫好きのため喜んで迎え入れてくれ、始めはミイも警戒していましたがすぐに慣れ、実家に帰るたびにのびのびと生活しているミイを見ることができました。
家族の誰もが帰ってくるとまずミイの姿を探し、出かけるときにも声をかけます。
ミイのおかげで家族の会話も増え、ミイを見てみんなが笑顔になったりします。
私たちにとってはかけがえのない大切な家族の一員です。
猫の寿命は10年から15年と言われていますが、少しでも長くミイと過ごせるように限りある時間ですが、最後までたくさんの愛情を注いであげたいと思います。

ブログランキングに参加しています
ポチッとお願いします☆




長崎県 諫早市 多良見町 ふじた歯科   あい
[2013/03/01 20:57] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
活力朝礼3分間スピーチ


プロフィール

ふじた歯科スタッフ

Author:ふじた歯科スタッフ


FC2 Blog Ranking

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR